The Opener便り Vol. 193

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○○●●○○       The Opener便り Vol. 193

○○●●○○

○○●●○○

○●●●●○ (The Opener便りは、弊社スタッフとお名刺交換をさせて頂いた

○●●●●○ 方に送付しております。配信先変更や配信停止をご希望の方は、

○●●●●○     当メール最下部をご覧ください)

○●●●●○

○●●●●○

The Opener Mail Magazine                 2015/02/02

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━< 目次 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.Le Coeur Facebookチェックインで1杯目半額キャンペーン!

2.Le Coeur今月の営業日について

3.Probiz例会「なぜ筆跡心理が仕事に使えるのか?」

4.La Chandelleボトルサイズで飲み比べ

5.扇谷3姉妹の人間交差点 第72回『Wine Australia Scholarshipを受賞するまで』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さま、おはようございます。The Openerの扇谷(姉)です。

いつもThe Opener便りをご愛読頂き、誠にありがとうございます。

はじめに、シャンパン・ダイニング「Le Coeur」よりご案内致します。

2月1日(日)~15日(日)までの2週間、Facebookでチェックインをされた

お客様には、最初のグラスシャンパンを1杯半額にてサービスさせて頂きます。

弊店は、シスコシステムズ様の製品を導入し、Wifiを無料でご利用頂ける環境と

なりました。

http://www.cisco.com/web/JP/solution/borderless/mobile_ex/index.html

従来はネット環境を使うのに、メールアドレスや連絡先を入力するなど面倒だった

作業も、Facebookでチェックインするだけで高速ネット環境が実現!4G、

LTEより断然速いです。

シャンパンを飲みながら、簡単に接続、フリーのネット環境をお楽しみください。

尚、Le Coeurの今月の休業日は以下の通りです。どうぞ宜しくお願い致します。

2月4日(水)、5日(木・臨時休業)、10日(火)、17日(火)、18日(水)、

25日(水)です。

続きまして、私が有志で立ち上げております「プロビズ

(Professional Business Forum)」よりのご案内です。

今回は「なぜ筆跡心理が仕事に使えるのか?~筆跡が教える 相手の心理~」という

題目で、菊地克仁先生によるセミナーを予定しています。どなたでも参加が可能です!

【Probizが目指していることは、会員が相互に支え合い、助け合い、学び合い、

信頼関係を構築し、共に成長していくことです。それにより人生の8大分野

(健康、仕事、経済、家庭、社会、人格、学習、遊び)が充実していくことを

目指しています】 http://www.probiz.jp/

   第36回Probiz例会

   『なぜ筆跡心理が仕事に使えるのか? ~筆跡が教える 相手の心理~』

   【日時】 2015年2月18日(水)受付 18時30分

       19時00分~開始  20時40分~懇親会  22時00分 終了予定

   【参加費】5,500円(税込)(テキスト・飲食代含む)

   【定員】50名 締切 2月11日(水)

   【場所】「コサリ ニューコリアン テーブル トウキョウ」

      東京都渋谷区神宮前5-51-8-B1F  http://cosari.stocklemon.co.jp/

   【講師】菊地克仁(きくちかつひと)株式会社往来庵 代表取締役

   【講演内容】

   相手のことを文字を見ただけで「この人には要注意!面倒な人だ!」と判断

   することができたなら・・・

   また文字の特徴から相手が好む言葉や嫌う言葉を知れたなら・・・、

   また、アンケート結果に書かれた文字、手紙やはがきの文字の特徴から

   取引先や顧客の心理状態が判るなら・・・

   本セミナーでは筆跡から相手の心理状態や特徴を見極めるビジネスはもちろん

   人間関係において有効な技術を紹介します。

 お問い合わせ・ご参加希望の方はこちらから↓↓

 info@probiz.jp

最後に、「La Chandelle」よりご案内致します。

毎週金曜日は、シャンパーニュのマグナムボトルをグラスにてサービス致しており

ます。同じ造り手のマグナムボトルと通常ボトル(ブテイユ)の違いを是非とも飲み

比べてみてください。こ~んなにも味の違いがあるのか、と驚かれることでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 扇谷3姉妹の人間交差点 -

第72回 『Wine Australia Scholarshipを受賞するまで 』

(The Openerは人と人とのオープナーとしてワインを愛する人同士の出会いも大切

にしたいと考えています。このコラムは、そんな私たち3姉妹が人間交差点で出会う

様々な、ヒト、コト、モノ、情報など、リアルに伝えていくコンテンツです)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、こんにちは、扇谷(長女)です。

このコラムまでお読み頂き、本当にありがとうございます!

さて、はじめに、皆様にお詫びがございます。

前号の当コラムで、SAKURAアワード2015の最新情報を当号にてお伝えすると申して

おりましたが、私の審査員としての参加が明後日の4日となりましたので、今号で

詳細がお伝え出来ませんことをお許しください。

今年の審査は約280名の女性審査員によって評価されます。昨年よりも1,000本も多い

エントリー数となりましたので、その分審査員も100名ほど増えることになったよう

です。2月14日(土)には、受賞ワインが発表となりますので、次号の当コラムで審査

会の状況も含めてお知らせさせて頂きたいと思います。

さて、今日は様々な方々からお問い合わせの多かった「Wine Australia Scholarship

Award」についてお話します。

私は、昨年1月にWine Australia Scholarship Award2014を受賞し、11月に

約10日間オーストラリアへワイン研修に行きました。毎日相当数のワインを試飲

しましたので、体力的にも大変厳しい10日間となりましたが、このような賞を受賞出来

たこと、また、今後オーストラリアワインを広めていく上でも重要な経験となったこと

は言うまでもありません。

そして、私の今後の役目はオーストラリアワインを日本へ出来るだけ多く紹介していく

だけでなく、私に続いて多くの方々にこの賞を受賞して頂きたいという想いから、今日

はこのコラムを利用して受賞の経緯をご説明することにしました。

まずは、WSETというロンドンに本部を置く世界最大のワイン教育機関のLevel3を

受験する必要があります。

日本ソムリエ協会のワインエキスパート、アドバイザー、ソムリエの資格を目指されて

いる、または取得されている方で、英語が多少なりとも出来る(中級レベル)なら決し

て難しくない資格です。ただし、英語のエッセイをいくつか記述する必要があります

ので、時間内にいかに多く記述できるのかがパスする為の大きなポイントになります。

このLevel 3に合格することが第一条件なのですが、合格はPass with Distinction

(最も優れている), Pass with Merit(優れている), Pass(通過)と3段階に分かれ

ており、Pass with DistinctionまたはPass with Meritを取得する必要があると思われ

ます(ここが定かではありませんが、私はPass with Meritで合格しました)。

さらにそれらの合格者へWSETより再度連絡があり、私の場合は“The Opportunities

and challenges in selling regionally specific Australian wines in your country”

(オーストラリアワインを自国で売るにあたっての機会やチャレンジについて述べよ)

という題目の英語の論文を仕上げてWSETに提出する(任意)がありました。

文字数は1,000文字。5つのパラグラフを構成して、仕上げました。結果、イギリス人、

香港人、そして私の3名が当スカラシップを受賞し、オーストラリアにてワイン研修を

する切符を手に入れることが出来ました。また、帰国後は、更に2,000字の論文を

仕上げてWSETに提出する必要があります。

こういった賞は、オーストラリアに限定したものではなく、他地域でもあります。

まずはWSETを取得することが重要になりますが、WSETは世界のワイン教育機関

ということで、この資格自体、更にワインの幅が広がるのだなと認識しました。

是非とも多くの方々にチャレンジして頂きたい資格です。私自身も、これから

WSETの最も上級であるLevel4のディプロマを目指して尽力したいと思います。

以上になりますが、今号もご愛読いただき、誠にありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「The Opener便り」は、メールマガジン配信のご希望をいただいた方をはじめと

して弊社メンバーとお名刺交換をさせていただいた方、ワイン会やイベントにご参加

頂いた方など、今後も是非お付き合いをさせていただきたい方々を対象にお送りして

おります。

配信停止、ご感想、ご意見、ご要望はこちらから

info@theopener.jp

日本でここでしか買えないシャンパン&ワインはこちらから

http://www.opener-wine.jp/shop/

The Opener直営店

シャンパン&ワインバー La Chandelle

http://www.lachandelle.jp/

シャンパン・ダイニング Le Coeur

http://www.lecoeur-roppongi.jp/

発行 The Opener株式会社 http://www.theopener.jp/

責任編集者 扇谷 まどか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(C)2015 THE OPENER

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark